姪っ子の合格祝いに小さな胡蝶蘭をプレゼント

私の姪っ子が大学受験に合格したという知らせがメールを通じて届き、何か面白いプレゼントは無いかと考えました。丁度私が趣味でカトレヤの仲間をメインに洋蘭栽培をしていた事もあり、それなら何か綺麗な蘭の鉢でも贈ろうかと考えたのです。
とは言え私の周囲にはそう簡単に栽培出来る様な初心者向けの鉢は全く無く、仕方無く近隣にある鉢花が充実したホームセンターなら何かあるかも知れないと見つくろいに行ったのです。
ホームセンターの店頭に丁度入荷し立ての可愛い小柄な胡蝶蘭が数十鉢並んでおり、丁寧なラッピングにも応じてくれるとの説明がありました。これなら姪っ子も十分満足してくれるだろうと、それらの鉢の中から最適な株を選んだのでした。
入荷していた株はいずれも台湾原産の比較的耐寒性のある小柄な原種を親に改良した白花小輪の交配種。株もせいぜい20センチ程度のスパンで、姪っ子が引越しを予定しているアパートの部屋にも邪魔にはならないと考え、それらの中から最も株と花に勢いのある鉢を選び出し、ラッピング依頼と共に購入しました。
直接手渡す機会が作れなかった事もあり、結局店舗から直接宅配便で届けてもらう事となりました。栽培方法に関するアドバイスも一緒に送るべきかとは思いましたが、品種のラベル裏には既に事細かに手入れ方法が記載されており、これなら特に私が口出ししなくとも大丈夫と、何も添付せずに贈る事としました。
配送依頼してから1週間程経ち、ようやく引越し先の姪っ子からお礼の連絡が入りました。胡蝶蘭自体も大変気に入ってくれた様で、また連絡する機会があれば詳しい育て方を直接訊きたいとの事。小柄な品種であったものの、自分が選んだ胡蝶蘭を喜んでくれた充実感を感じる事が出来たのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA