初めて贈った胡蝶蘭

わたしには長年の親友がいます。
高校生時代からの友人でお互いにとって、
とても大切な友人です。
その友人がこのたびお店を開くことになりました。
昔からの夢だった喫茶店です。いつか開けたらいいなと
いつも語っていた夢がいよいよ実現することになったのです。
高校生時代からずっと言っていた喫茶店のオーナーになった
彼女のために、何か贈り物をしたいなと考えました。
彼女の好きな物を考えたときに花が浮かびました。
お花が好きでフラワーアレンジメントも習っていた彼女です。
好きなお花は昔からガーベラでした。
今回は彼女の大きな夢の喫茶店の開店祝いを兼ねていたので、
近所のおしゃれなお花屋さんに行って、何がいいか相談してみることにしました。
そこの店員さんに相談をしてみたところ、やはり開店のお祝いにならば、胡蝶蘭の鉢植えが良いのではないかと、提案してくれました。
そして、彼女が大好きなガーベラは花束にして渡してみては
どうかと言ってくれたのです。
ガーベラは頭に浮かんでいましたが、やはり開店のお祝いには
豪華さが少し足りない気がしていたので、胡蝶蘭と聞いて、
納得をすることができました。
わたし自身、開店のお祝いを人にあげたことがなかったので、
胡蝶蘭をプレゼントしたことはありませんでした。
お値段もなかなか高価なので、そんなに気軽に贈れるものでは
ありません。
やはり大切な友人への開店のお祝いにピッタリだと思い、
彼女の好きな真っ白な色の胡蝶蘭を選びました。
そして元気な彼女をイメージしたオレンジ色のガーベラの
花束も添えることにしました。
いよいよ開店する前日に準備でお店にいた友人のもとへ
お花たちを届けてきました。
彼女は涙を浮かべて喜んでくれました。
これからが彼女の夢のスタートです。大切な喫茶店の入り口に
贈った真っ白な胡蝶蘭が置かれ、お客さんたちを出迎えていました。
少しですが、わたしも参加できたようで嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA